婚約指輪で永遠の愛を誓う│リング選びで決まる愛

指輪に工夫してみる

指輪とブーケ

婚約指輪では、リングの裏面に自分達だけのメッセージなどを刻印することができます。人に見せる部分ではありませんが、だからこそ二人だけの秘密のメッセージとして残り続けるでしょう。 刻印する文字はイニシャルが主流です。例えば、夫のイニシャルと妻のイニシャルを「&」や「to」で繋ぐのが一般的ですが、人によっては「?」で繋いで他と差をつける方もいます。 また最近は、直筆メッセージやイラストを刻印するのも人気です。直筆なので、それこそ他にはない婚約指輪となるでしょう。 さらに、二人の誕生石をシークレットストーンとしてはめ込む方もいます。婚約指輪に二人の誕生石が揃っているという優越感を得られると、女性に注目されている一工夫です。

婚約指輪は既製品またはオーダーメイドで注文しますが、今も昔も変わらずトレンドとしては既製品が勝っています。 既製品とは完成品のことで、主にはブランド物を指します。ブランドのリングということで安心感があり、失敗を避けることもできるでしょう。また、完成品とは言え、刻印などでアレンジすることも可能なので他の方とは異なる婚約指輪を購入することもできます。 デザインではブランド特有のデザインリングも人気ですが、いずれにしても婚約指輪のメインはダイヤモンドなどの宝石ですので、ソリティア、メレ、パヴェ、エタニティなど幅広く選ばれています。見た目だけではなく、日常使いにふさわしいデザインを選んでみるといいでしょう。